プロアクティブの成分

プロアクティブの成分を徹底解剖!

プロアクティブは、ニキビケアに有効な成分を厳選して配合しています。また、日本国内で販売されているプロアクティブは、日本人の肌に合わせて処方した改良版です。

肌のテストやモニタリングを繰り返すことで開発されたノンコメドジェニック処方を採用しているので、ニキビのもととなる角栓(コメド)を予防するのに最適な成分が配合されています。

ここでは、プロアクティブに配合されている代表的な成分について詳しく紹介していきます。

・サリチル酸

医薬品として初めて合成された有機化合物の一種で、高い防腐殺菌効果を持っています。

ニキビの原因となるアクネ菌を抑制するほか、古くなった角質を溶解し、毛穴をふさぐ要素を排除します。

リニューイング クレンザーとリペアリング クリームに配合されています。

・グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸とは、甘草(カンゾウ)の根茎または根から抽出した白色の粉末です。

抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、外用薬として使用すると、急性や慢性の皮膚炎に効果があります。

ニキビ肌に使用すると、炎症を防ぎ、ニキビの悪化を抑えます。

リバイタライジング トナーに配合されています。

・パルミチン酸レチノール

パルミチン酸とレチノールの化合物で、ビタミンA誘導体のことです。

肌のターンオーバー機能を正常化し、ハリとツヤを保つためのコラーゲンの生成を促進する作用があります。

古い角質が蓄積されにくくなるので、ニキビの原因を予防することができます。

リペアリングクリームに配合されています。

・チャエキス

日本茶の生葉から抽出したエキスです。

緑茶カテキンのほか、カフェインやアミノ酸、ビタミンCを多く含んでいます。

特に緑茶カテキンは酸化防止作用に優れており、皮脂の酸化を防ぎ、コメドの発生を抑えます。

リニューイングクレンザーに配合されています。

・ホホバオイル

アメリカ西南部やメキシコに自生する多年草の低木ホホバから採取したオイルです。

肌になじみがよく、刺激が少ないため、赤ちゃんにも使える安全性の高さが魅力です。

肌に使用すると、ホホバオイルに含まれるワックスエステルやビタミンEが皮脂の過剰分泌を抑え、肌のターンオーバー機能を促進します。

ターンオーバー機能を向上させると、古い角質がはがれやすくなり、ニキビの原因を防ぐことができます。

リニューイングクレンザーに配合されています。

・アロエエキス

ユリ科植物のアロエの葉や葉汁から採取するエキスです。

肌の組織を回復・再生させる効果があるほか、消炎・鎮静作用があり、赤ニキビや黄ニキビへの進行を防ぎます。

リニューイングクレンザーとリバイタライジングトナーに配合されています。

・カモミラエキス

カモミールの花から抽出したエキスです。

消炎作用に優れ、ニキビや肌荒れの改善に適しています。

リバイタライジングトナーとリペアリングクリームに配合されています。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト