紫外線対策とニキビ

紫外線対策

紫外線とは、地上に降り注ぐ太陽光のうち、目に見えない不可視光線のことです。

紫外線は波長の長さによってUV-A~Cの3種類に分類されますが、このうちニキビに影響しているのはUV-AとUV-Bの紫外線です。

どちらも長い間浴び続けることによって、活性酸素を発生させます。

活性酸素とは人体を老化させる物質で、肌においてはニキビの炎症を悪化させたり、ニキビ跡を発生させたりする作用があります。

他にもシワやたるみなどのエイジングを促進させる働きがあるため、肌の健康のためには紫外線対策は必須となっています。

紫外線対策

紫外線対策にはいろいろな方法があります。

帽子をかぶる、日傘を差す、直射日光が強い日は白い服を避けるなど、衣類やアイテムによって防ぐのも効果的ですが、最も一般的な方法は日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めには紫外線(UV)をカットする成分が配合されているため、肌に塗布することで紫外線によるダメージを防ぐことができます。

日焼け止めにもいろいろ種類がありますが、購入の際に最も重視すべきポイントは紫外線のカット率です。

日焼け止めにはSPFやPAといった単語が表記されていますが、これらはUVに対する防御効果の度合いを示した単位のことです。

SPFは「Sun Protection Facter」の略で、その日焼け止めを塗ることでどれくらいの時間日焼けしないで済むかという持続時間を表しています。

10や20などの数値で表記され、SPF=10の日焼け止めの場合は、通常の肌では20分で日焼けするところを、200分間日焼けを防止するという意味を持ちます。

一方、PAは日焼けを防止する効果の強さを示しており、+~+++の3段階で表記されます。

+1つでは「防止効果あり」、+3つでは「防止効果が非常にある」という意味です。

SPFはUV-Bを対象としており、PAはUV-Aに対する防御効果を示した単位となっています。

日焼け止めの選び方

それぞれ度合いが強いほうがより紫外線カットすることができますが、その分肌に与える負担も大きいため、強ければいいというわけでもありません。

日常生活における紫外線対策なら、SPFは20程度、PAは++で十分でしょう。

ただし、夏場の海など、紫外線が非常に強い場所では、カバー力が足りない場合があります。

日焼け止めはシーンに応じて使い分けると効果的です。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト