にきびの種類

にきびの種類

にきびは症状の度合いによっていくつかの種類にわけられます。

・白にきび

肌にぽつぽつと白い点のように出てくるにきびで、症状としては初期段階にあたります。

白にきびはターンオーバーや洗顔ではがすことのできなかった古い角質が厚みを増し、毛穴をふさぐことで発生します。

毛穴がふさがれることで皮脂が排出されなくなり、蓄積されてできたのが白にきびです。

空気がふれないため、酸化されず、白いまま残るのが特徴です。

・黒にきび

白にきびとは対照的に、毛穴が開いたままの状態でできるにきびです。

黒く見えるのは、汚れと皮脂が混ざり、酸化することによって黒ずみを帯びるためです。

クレンジングや洗顔が不十分だと起こりやすい傾向にあります。

・赤にきび

白にきびや黒にきびといった初期にきびが悪化し、炎症を起こしたものが赤にきびです。

炎症を起こすのはアクネ菌と呼ばれる皮膚の常在菌です。

アクネ菌は、皮膚を外部刺激から守る役割を果たす必要不可欠な存在です。

しかし、人間の皮脂を好んで増殖する性質を持つため、皮脂が蓄積された状態のにきびは格好の繁殖場所となります。

アクネ菌が増殖すると、皮膚に炎症を起こし、赤く腫れる赤にきびが発生する要因となります。

赤にきびになると、洗顔だけのスキンケアでは治りにくいため、皮膚科で抗生物質や炎症を抑える薬を処方してもらうと効果的です。

・黄にきび

赤にきびがさらに悪化し、膿を持つようになった状態です。

黄色く見えるのは膿を持っているためで、別名膿にきびとも呼ばれます。

黄にきびになると、皮膚組織にまでダメージが及ぶようになり、さらにその周囲の皮膚にまで炎症が広がっていきます。

その結果、芯を持たない赤いにきびが発生し、広い範囲に渡って増殖していきます。

黄にきびまで悪化すると、にきび跡として残る可能性が高くなってしまうため、黄にきびになる前にケアすることが大切です。

黄にきびになってしまった場合は、にきび跡になってしまう前に早急に治療する必要があるので、自宅でのケアだけでなく、皮膚科を受診することをおすすめします。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト