洗顔でニキビを予防

洗顔でニキビ予防

ニキビを予防するためには、スキンケアの基本である洗顔を正しい方法で行うことが大切です。

ニキビは皮脂汚れやメイク汚れなどが毛穴に詰まることで発生するため、毎日の洗顔で汚れを落とすことで、ニキビの発生を防ぐことができます。

また、ニキビができてしまった後も、洗顔でニキビの悪化を予防することができます。

特に初期ニキビは洗顔だけで治すことも十分可能なので、毎日の洗顔は手を抜かずにしっかり行うよう心がけましょう。

ニキビ予防のための正しい洗顔方法

洗顔は、ただ何となく顔を洗うだけではあまり効果はありません。

それどころか、誤った方法で洗顔していると、肌にダメージを与え、かえってニキビを悪化させる要因にもなってしまいます。

ニキビ予防のための正しい洗顔方法のポイントは2つ。

たっぷりの泡で洗うことと、強くこすり過ぎないことです。

泡洗顔が肌にいいと言われているのは、たっぷりの泡が手と肌の摩擦を防いでくれるためです。

肌は非常にデリケートなので、洗顔の際に手と肌が直接こすり合わさると、無用な刺激が生まれ、肌を傷める原因となります。

もちろん、汚れをしっかり落としたいからと言って、強くこすりすぎるのもNGです。

洗顔の際は、手のひらでしっかり洗顔料を泡立て、優しくマッサージするように洗っていきましょう。

泡立てが苦手な人は、洗顔用のネットを使用すると便利です。

洗顔の後は、化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、肌自体の状態を改善させると、さらにニキビ予防の効果がアップします。

洗顔料の選び方

洗顔料には固形のものやフォームタイプのものなどいろいろな種類があります。

それぞれに特色やメリットがあるため、どれを選ぶか悩むところですが、ニキビ予防には低刺激性のもので、なおかつ泡立てやすいものを選ぶとよいでしょう。

植物性など、天然成分を配合している洗顔料は、刺激が少なく、敏感肌やニキビ肌にもおすすめです。

泡立ちに関しては、固形よりフォームタイプの方が泡立てやすくなっていますが、現在は固形でも泡立ちがよいものも販売されています。

また、専用ネットを使用すれば固形でも簡単に泡立てることが可能なので、固形かフォームタイプかは、好みのものを選んで差し支えないと言えるでしょう。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト