生活習慣の改善

生活習慣の改善

ニキビの直接的な発生原因は、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバー機能の低下にありますが、これらを起こす原因は日常生活のさまざまなシーンにひそんでいます。

そのため、ニキビを予防するには、ニキビ原因となる生活習慣を改善する必要があります。

ここでは、ニキビの原因となる生活習慣と、改善方法を紹介します。

・食生活の改善

ニキビの原因となる皮脂は、食生活によって分泌量が左右されます。

ナッツ類やチョコレートなど、脂分や糖分の多い食品を摂取すると、皮脂が過剰に分泌され、毛穴つまりの要因となります。

適度な摂取なら問題ありませんが、摂り過ぎはニキビ肌を生み出す原因となりますので、なるべく脂分や糖分の摂取は控えるようにしましょう。

逆に、各種ビタミンを多く含む食品は、皮脂の過剰分泌を抑制するほか、代謝機能を促進する効果があるので、意識的に摂取することをおすすめします。

・睡眠不足の改善

人間の肌は、夜眠っている間に疲れをいやし、肌の機能を回復させます。

睡眠不足になると、肌は疲れたまま翌日を迎え、免疫機能が低下したり肌の代謝機能が衰えてしまったりします。

特に22時~翌2時までは最も肌を成長させる時間帯となっているので、意識して睡眠を摂るように心がけましょう。

・便秘の改善

便秘になると腸の中で毒素が発生し、血液に乗って体を駆け巡ります。

便として排出されない毒素は、やがて皮膚から外に出ようとし、その際にニキビが発生する仕組みとなっています。

特に女性は便秘になりやすいので、食物繊維の多い食品を摂り、水分を意識して摂るようにしましょう。

・禁煙を心がける

タバコを1本数ごとに、約25mgのビタミンCが消費されます。

ビタミンCは肌の代謝機能を促進するほか、皮脂の過剰分泌を防ぎ、肌を健やかに保つ作用があります。

タバコを吸うことでビタミンCが過剰に消費されると、肌のターンオーバー機能の低下や皮脂の過剰分泌の促進につながります。

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用もあり、肌の血行不良を引き起こす要因にもなるため、ニキビを含む肌トラブルを防ぐためには、禁煙を心がけるのがベストです。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト