ニキビ跡とクレーターの治療

ニキビ跡とクレーター

ニキビをつぶしたり、長期間放っておいたりすると、ニキビ跡やクレーターができてしまいます。

ニキビ跡は、色素の沈着により、赤みや黒ずみとなって肌に残るものを指し、一方のクレーターは、皮膚が陥没し、肌に凸凹を残すものです。

両方ともにきびより治りにくく、治療には時間と根気が必要になります。

ニキビ跡やクレーターは、赤にきびや黄にきびなど、重症化したにきびによって発生します。

白にきびや黒にきびなどの初期にきびは、皮膚の表面にできるだけなので、早期治療を行うことで跡を残さずに治すことができます。

ただし、赤にきびや黄にきびまで悪化すると、炎症や膿が発生し、皮膚の表面だけでなく、その下の皮膚組織にまでダメージを与えるようになります。

代謝機能である程度回復が可能な表皮に比べ、真皮層や皮膚組織にまでダメージが及ぶと、修復は非常に困難となってしまいます。

ニキビ跡やクレーターとなって残ってしまう前に、適切なニキビケアを行うことが大切です。

ニキビ跡とクレーターの対処法

・ニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、日焼けなどでできるシミやソバカス同様、メラニン色素の沈着が原因となります。

そのため、肌のターンオーバー機能を促進し、古い角質とともにメラニン色素を排出することがニキビ跡解消への近道です。

また、メラニン色素を作り出すチロシンの作用を阻害するビタミンCを導入すると、ニキビ跡が薄くなり、目立たなくすることができます。

ビタミンCは壊れやすく、不安定なため、安定化したビタミンC誘導体を配合した化粧品を使用するとよいでしょう。

さらに、イオン導入器などの美顔器を使用すると、効率よくビタミンCを取り込むことができます。

・クレーターの対処法

クレーターはニキビ跡よりさらに治りにくい症状です。

クレーターは真皮層がダメージを受け、陥没してくぼみとなっているため、修復するためには、真皮層に直接働きかける必要があります。

そこで重要となるのがコラーゲンとエラスチンの生成です。

コラーゲンとエラスチンは真皮を形成している成分であり、表皮を下から支え、ハリとツヤを与えています。

このコラーゲンとエラスチンの生成を促進することで、陥没部分を下から押し上げると、クレーターを解消することができます。

そのため、具体的な対処法としては、コラーゲン・エラスチンの注入やレーザー治療による生成の活性化がメインとなります。

ただし、これらは専用のクリニックやサロンで施術してもらわなければならず、時間もお金もかかってしまいます。

肌にもお財布にも負担をかけないために、クレーターができる前にしっかり予防しておくことが重要です。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト