にきびの原因

にきびの原因

にきびは毛穴に皮脂や汚れがつまることで発生します。

通常、毛穴は開いた状態なので、毛穴から分泌される皮脂がつまることはないのですが、古い角質や汚れがふたをしてしまうと、皮脂の出口がふさがれ、毛穴つまりの原因となります。

古い角質や皮膚の汚れは、肌のターンオーバー機能や毎日の洗顔で落とすことができますが、何らかの要因でターンオーバー機能が衰えていたり、洗顔が不十分だったりすると、これらが落とされずに残留してしまいます。

古い角質は、放置されるとやがて厚みと硬さを増し、毛穴をぴっちりふさいでしまいます。

さらに、毛穴の汚れと皮脂が混ざることでコメド(角栓)が発生し、にきびの芯となってしまうのです。

にきびは放っておくと炎症を起こし、赤く腫れた赤にきびや、膿を持った黄にきびへと悪化し、最後にはにきび跡として皮膚に痕跡を残してしまいます。

そうなる前に、にきびの発生原因を知り、しっかり予防することが重要となります。

にきびの原因

にきびの直接原因である皮脂の過剰分泌やターンオーバー機能の乱れは、さまざまな要因で発生します。

にきびを予防・治療するためには、これらの原因を解消し、にきびに負けない肌を作ることが大事です。

・食生活

脂分や糖分の多い食品を摂取すると、皮脂の分泌が過剰になり、肌が脂っぽくなります。

特ににきびができている間は、ナッツ類やチョコレートなどの摂取は控え、にきびの悪化を防ぐように心がけましょう。

・睡眠不足

肌は眠っている間に作られており、特に22時~2時までの4時間は最も成長ホルモンの分泌が活発となります。

この時間帯に睡眠を摂らないと、肌の疲れが取れず、ターンオーバー機能も低下してしまいます。

・便秘

腸に便が蓄積されると、腸の中が悪玉菌優勢となり、有害物質が発せられるようになります。

便として排出されない有害物質は血液に乗って体中をめぐり、皮膚から排出される際ににきびを発生させます。

・喫煙

タバコを吸うと、肌の代謝機能を促進させるビタミンCが大量に消費されます。

さらに、肌を老化させる活性酸素を作り出し、にきびの炎症を悪化させてしまいます。

ほかにも、血管を収縮させて血行不良を引き起こすなど、肌にとって悪環境を作り出す要因となります。

・常在菌

皮膚には、外部の刺激から肌を守る常在菌が存在します。

その代表的な存在がアクネ菌です。

アクネ菌は細菌の感染を防ぐなど、肌になくてはならない菌の一種ですが、繁殖しすぎると炎症を起こし、にきびの悪化の原因となります。

アクネ菌は人間の皮脂を好んで繁殖するため、皮脂がつまっているにきびは格好の増殖場所となるのです。

・ストレス

強いストレスを受け続けると、菌に対する抵抗力が衰えたり、代謝機能が低下したりします。

特に皮膚はストレスの影響を受けやすいため、慢性的にストレスを感じる環境下にいると、にきびが発生しやすい要因となってしまいます。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト