病院でのにきび治療

病院でのニキビ治療

初期ニキビの段階なら毎日の洗顔で治すことも可能ですが、炎症を起こした赤ニキビや膿を出す黄ニキビになった場合は、家庭のケアだけでなく、皮膚科での治療がおすすめです。

赤ニキビや黄ニキビは、アクネ菌が増殖し、炎症を起こしている状態なので、洗顔のみのケアでは不十分です。

さらに悪化するとニキビ跡として残ってしまうので、ニキビが重症化した場合は、自宅での洗顔を行いながら、皮膚科での治療も平行して進行させたほうがよいでしょう。

病院でのニキビ治療は、主に薬剤の処方と施術の2種類となっています。

・薬剤処方

病院では、ニキビの悪化を防ぐため、抗生物質や炎症を抑える薬が処方されます。

抗生物質はニキビ菌を殺菌する薬剤で、ニキビの原因をもとから排除してくれます。

ほかにも、ニキビの炎症の緩和や免疫力の向上、皮脂の過剰分泌の抑制などの効果を持つ各種ビタミン剤が処方される場合があります。

これら薬剤には、それぞれ内服薬と外用薬があり、処方の種類は医師の判断にゆだねられます。

また、病院によっては漢方薬が処方されるところもあります。

漢方薬は、体調を改善し、自然治癒力を高めることによってニキビのできにくい体にしてくれます。

・外科施術

ニキビの原因に直接外科的な施術を行うことで、ニキビを効果的に治療する方法です。

最もスタンダードな施術は面皰圧出(めんほうあっしゅつ)と呼ばれる方法で、面皰圧出器でニキビの先端に穴を開け、毛穴につまった皮脂を押し出します。

ニキビの芯を除去するため、正しい方法で施術すれば、すみやかにニキビを治療することができます。

ほかにも、ニキビの発生原因となる古い角質を除去するケミカルピーリングや、レーザーを照射して毛穴つまりを解消するレーザー治療法などが行われます。

プロアクティブ ⇒プロアクティブの公式サイト